1. うそをついた話

  2. 京のある日

  3. まつたけ

  4. なめている懸賞

最近の記事過去の記事

PR記事

過去の記事

東京の感傷

大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところに…

過去の記事

芸者のはおり

九州長崎の丸山に、なかなか口の達者な女性がいた。会話の中に英語などをいれたりするので、 …

過去の記事

ノミの歌

満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓…

目次


あとがき
 

ピックアップ記事

  1. 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用…
  2. 見づらい

    日本陸軍の有名なリンチは海軍とも違い、また同じ陸軍のなかでも部隊によって違い、さらに中隊のなかでもま…
  3. 霖雨

    霖雨(りんう)という語は、日本ふうに読めば「ながあめ」と読むより仕方がない、日本の長雨は五月と十月と…
  4. なめている懸賞

    落語にでて来る間抜けな男が、人のまねをして「なぞ」を言いかける。そのなぞが間放けきわまりないもので、…
  5. 京のある日

    十一月十一二日〈金曜日〉 午後から三千院に行ってみる。 三千院をえらんだのは別に深い意味はない。…
  6. あとがき

    文章を書けという注文で、たった三枚ですから、と一言われるのはつらいことだ。題材という点から言えば、三…
ページ上部へ戻る