うそをついた話

坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土眼目のことである。

その日は朝からうれしくて、わたしはうきうきしていた。そして学校に行って同級生の女の子をつかまえて、ぼくは有楽座の児童劇に出るんだぞ、といった。 この有楽座は、いまの丸の内のピカデリーのあたりにあった劇場で、わたしたちの小学校とは、数寄屋橋の外堀をヘだてて、筋かいのところにあった。
劇場の舞台に立つのだから、ちょっとしたニュースであり、わたしは女の子たちのせん望の的となった。そして、そのなかのひとりが、いち早く受け持ちの先生にいってしまった。もう取り返しがつかない。
先生はふうんといったきりであった。叔父が坪内先生の弟子であったから、そんなこともありそうだと先生は思ったのだろう。
有楽座ヘ行って、幕開に廊下で坪内博士に会った。うちでは叔父の関係で博士のことは先生々々といって、親しい身内のようなつもりでいたので、父や母やみんなが博士を取り囲んで、第一回の公演におめでとうをいったりした。
博士はなにやらむずかしい話をしておられたが、いきなりわたしをつかまえて、頭をなでながら
――わたしの芝居は、ほんとうはこういう人たちにやってもらいたいのです。といわれた。そしてまたあとは、こんどの初演が、俳優が専門の、おとなたちであることへの不満をもらされていたらしい。わたしの想像だが、そういうお話の内容であったように感じた。
博士に頭をなでられて、しかもこういう人たちにやってもらレたかったと聞いて、わたしは午前中に自分が出るとうそをついたことの界が、許されたように感じた。少なくとも、こども心にもとがめていたことが戦くなった気がしたのである。
忘れもしない、その現々日のは附日のことである。
宿題の点検に、ひとりひとりノ!トを見ながら教京を削ってこられた先生は、児童劇の中のム日制をいっている。それは上山関された『おろち退治』のなかの文句で、すさのをに酒を飲まされたやまたのおろちが、よっぱらつて「イモ虫ゴロゴロ」のようなふりで

酔うたぞ、酔うた。酒に酔うた。
おつむはふうらふら、
あんよはひょろひょろ、

という。その文句を、先生がいっている。わたしはびっくりして先生にいった。

――先生、行ったんですか。
そうしたら先生は
――お前、でやしないじゃないか。

といって、すぐまた「おつむはふうらふら」といいながら、つぎヘ行ってしまった。先生はわたしが出ると聞いて、有楽賂ヘ行ったらしかった。
思い出すと、いまでも顔があかくなるような話である。 (三七・一二・一五〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 2014/3/13

    ノミの歌
    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. 2014/3/13

    大陸の水
    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  3. 先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいた…

ピックアップ記事

  1. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  2. あとがき

    文章を書けという注文で、たった三枚ですから、と一言われるのはつらいことだ。題材という点から言えば、三…
  3. 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用…
  4. たい・だい・おお

    この字はなんと読みますか、といって「大」という字を示したら、だれだって、ひとをばかにするな、というだ…
  5. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
  6. うそをついた話

    坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土…
ページ上部へ戻る