とら歳雑感

とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうである。どうもそのせいか、わたしは相手の立場に立ってものを考えすぎるので、交渉ごとには向かないようだ。しかし、たとえ川仰をしても、自分だけ損をすれば、まるくおさまるものなら、それでいいではないか、といった性質がたしかにある。
それが、五黄のとらのせいだとすれば、とらは何も気が強いばかりではなさそうだ。
わたしのような、大正三年生まれのとら歳の者は、昭和三十七年の運勢の象徴は、トトカルチョだと、このごろの易、うらないの本はずいぶん新しいことをとり入れて説明してしる。ある時は、一か八か、サイコロを投げるような決断にせまられる時がある、というのだ。自分で自分の一年を予測してみても、なるほど、そんな絶対絶命に追いこまれる時がありそうにも思われる。

こんな運勢だとか、年のうらないだとか、バカバカしいことだと思うのだが、やはり、世間はまだこだわる人が多いと見えて、年が変わっても節分前はまだ旧年だというわけで、松の内の結婚式が、わたしの身の廻りにもずい分多い。”とらは千里行って千里帰る”というから、その「帰る」という性質を、結婚では嫌って、とらの歳の結婚をさけようとするのだという。
戦争中はその為に、とら歳が大もてで、千里行って千里帰るがゆえに、千人針も余計にぬわされた。やはり、口に出しては言わなくても、誰しも生きて帰ることを願いもし、祈りもしたのであって、本心からは誰も、死んで帰れなどとは思ってはいなかった証拠だ。死んで帰れとはげましたのは、夢の中に出て来た父親で、現実には誰しも、とらにあやかって必ず帰ってくるようにと、願い願われたのだ。
しかし戦争はそんなことにはおかまいなしに、とら歳の者の祈りをこめた千人針の腹帯をしめたまま死んだ者や、わたしの友人の、同年のとら歳の者だって、ずい分戦死してしまった。偶然生まれたら、その年がとら歳だったというだけのことで、生まれ年や生まれ月にさほどの神秘があろうとは思われない。とら年だからといって、なにもあわてて節分前に結婚式をあげなくたって、よかりそうなものだと思う。
生まれ年の十二支を、うんぬんすることも、少しはすたるかと思ったが、こればっかりはあんまり減らない。とすれば同じ十二支の中でもとらなどはあいきょうがあっていい。ねずみや、いぬや、うしや、さるは、あんまり身近すぎるし、かと言ってたつなどは、伝説的にとび離れすぎる。やはりとらとなると親しさと怖しさ、現実性と物語的な面とが、よく均衡を保っている。こんなことをいうのも、やはり身びいきの言であろうか。(三七・一・六〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. 2014/3/13

    ノミの歌
    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. 2014/3/13

    大陸の水
    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  3. 先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいた…

ピックアップ記事

  1. 旅のふしぎ

    旅というものには、ふしぎな行き会いがあるものである。 鹿児島県の指宿をたって霧島温泉に行き、宮崎に…
  2. 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用…
  3. あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知って…
  4. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  5. 軍隊語

    赤紙の召集令状をもらって星一つの新兵で入隊したら、馬部隊であった。古兵たちがキンポウというので考えて…
  6. まつたけ

    この二、三年、ついぞことしはまつたけがいいという秋を迎えたことがない。ことしもやはりまつたけはだめで…
ページ上部へ戻る