クーラーとジューサー

大阪の夏は東京より暑いと相場がきまっているのに、わたしの友人が大阪から帰って来て大阪って涼しいぜと、真顔で言った。聞いてみると、この友人は、特急こだまで西下し、駅につくや、会社のカー・クーラー付きの自動車でホテルに行き、夕方からまた冷房のよく効いた料理屋の宴会に出て、ふたたび涼しい夜行で帰って来た。午前九時すぎ、これから暑くなろうとする東京の町の中に出て、東京は暑い、大阪は涼しいと思ったというので
ある。
これで「なんて東京は暑いんだ」と言われたのでは、東京は立つ瀬がないが、しかし暑い暑いと言われている大阪も、こういう体験から感じられては、暑いという実感はうすいだろうと思う。友人はみんなに、何を言ってるんだと失笑されたが、かならずしもトンチンカンではないかもしれない。
東京でも、冷防装置ということが、もはや、あたりまえのことになった。一二年前に、わたしは自分の書斎に冷房器を人れてみた。わたしのところではどう工夫しても、夜、小虫どもが侵入して米るのが防げない。机に向かってものを読み、ものを書くのが仕事のわたしは、しめきって小虫の侵入を防ぐために、しめきることが出来るように、冷房の設備をしてみた。結果は大そうよかった。
先議の人から、一部屋冷房なんかしたら、家中の者が集まって来て、仕事なんか出来やしないぞ、と言われたが、いざやってみると、学期末の勉強でフウフウ言っている子どもたちも、使っていいよと言ってあるのに、やはりわたしの部屋にはやって来ない。自分の机でなくては勉強しにくいのか、それともおやじがけむたいのか、どうかわからないが、あるいは動物的本能から、夏は暑いのが自然であって、人工的な涼しさは、健康的でないことを知っているのかも知れない。
さて、われわれ大人たちにとって、ルーム・クーラーという、不自然な人工冷却が、健康に全く無害であるかどうか。わたしの兄は、前から神経痛があるが、店内の冷房を効かせて、執務していると、てきめんに神経痛に悪いそうである。冷却した部屋に居っきりもわるいだろうが、暑いところと、出たりはいったりするのは、もっと悪いだろう。
今、四十代の末期にいるわたしの、現在及び将来の健康に、書斎のルーム・クーラーはどういう影響を与えるのだろうか。もちろんクーラーの製作者にはもちこめない苦情にしても、健康管理の面からの、責任のある答えを聞きたいものである。
同じような疑問が、ジューサーについてもわたしにはある。
わたしは、ぎらいではないが、野菜と果物とには、つい手が出ない。母が心配して、ジューサーをすすめてくれた。しぼって飲めば、わり合いに飲みやすい。ちょっと手の出にくいにんじんなんかでも、しぼりこんでしまってあれば、知らずに飲んでしまう。二日酔
いの朝などは、ジューサーでしぼった果汁に限るようである。

ところで、ジューサー製作の果汁では、胃の働きがらくすぎて、退化しやしないかというのが、このごろのわたしの心配である。野菜や果物をジューサーにかけると、そのしぼりかすがうんとたまる。つまりそのしぼりかすも、本来は体内にはいり、胃や腸はそのかすを生み出して、そとへやがて送り出す。そのための働きは相当なものだろう。ジューサーによる汁をのむことによって、胃はその働きをしないですましている。
それが胃にとっていいことかどうか。これもジューサーの人体に及ぼす現象として、専門家の答えをききたいものである。〈三七・九〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 2014/3/13

    ノミの歌
    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. 2014/3/13

    大陸の水
    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  3. 先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいた…

ピックアップ記事

  1. ノミの歌

    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知って…
  3. うそをついた話

    坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土…
  4. なめている懸賞

    落語にでて来る間抜けな男が、人のまねをして「なぞ」を言いかける。そのなぞが間放けきわまりないもので、…
  5. 霖雨

    霖雨(りんう)という語は、日本ふうに読めば「ながあめ」と読むより仕方がない、日本の長雨は五月と十月と…
  6. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
ページ上部へ戻る