なめている懸賞

落語にでて来る間抜けな男が、人のまねをして「なぞ」を言いかける。そのなぞが間放けきわまりないもので、――たとえば、足が四本ある動物で、頭に角がある。そうしてモウとなく動物はなんだ、と聞く。相手が牛だと符えると、エライなと感心して、かけた金をとられてしまう。足が四本ある動物で、頭にたてがみがある。そうして、ヒンとなく動物はなんだ、と聞く。相手は馬だと答えると、またエライなと感心して、またまたかけた金を持っていかれてしまう。

こんなバカバカしい問題を、会をかけてまであてきせようというのだから、間抜けの標本のような男だが、この男にそっくりそのままの、間抜けきわまりない出題者が、いまの世の中にもいるのだからふしぎである。民放のテレビなどのスポンサーがそれだ。
私が偶然みたのは、先場所十四日目の大相撲の中継の時だった。その中継放送の初めから、あとに五百万円の懸賞があると、しきりに宣伝をしていたので、相撲の勝ち負けをあてさせる懸賞だとすると、きょうの取組にかけたのでは、答えを投書させる時間がない。

どんな風にやるのだろうかと、その趣向に多少の興味を持ってみていた。するとやがて柏戸対大鵬の取組となり、お待ちかねの懸賞はこの取組の勝ち力士をあてるのだという。やがて耐力士が立ち上がって柏戸が寄り倒しで大鵬に勝った。すると、いまの取組の勝ち力士は誰か、その名をハガキに書いて送れ、というのである。角のある凶つ足の動物でモウとなくのは何だというのよりも、もっとバカバカしい問題だ。わかるわからないの問題でもなければ、あたるあたらないの問題でもない。バカバカししと言って、これほどパカパカしい問題はない。正解者多数につきくじびきで、次の十名のかたに賞金をお送りします、ということになるのだろうが、こんな問題に、まじめに「柏戸」と書いて、ハガキを投ずる視聴者がいるのだろうか。パカ扱いといって、これほどひどいバカ級いはない。
落語の与太郎は本人が間伐けで、大まじめでバカげた質問をしてしるのだが、テレビのスポンサーは間抜けではないはずだから、結局、こんなバカげた問題を出して、あててみろと言われる視聴者が、パカ扱いされているわけである。ナメラレるといって、こんなひどいナメラレかたもないだろう。しかし世間は広いから、パカ扱いされていあとも思わずに、鈴栄をなめなめ、かしわどと引Hいて、ハガキを出す人も多いのだろう。
こういう懸賞は、目的は実はほかにあって、集まってくるハガキの数によって、スポンサーは、その買った番組の、視聴状況をはかろうという約けなのだろう。それならいっそのこと、わが社の提供による相撲中継をみた人は「みた」とハガキに書いて、送ってくれ、送ってくれた人には薄謝を、または記念品をさし上げます、とやった方が、いっそスッキリしていていいだろう。〈三六・六〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 2014/3/13

    ノミの歌
    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. 2014/3/13

    大陸の水
    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  3. 先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいた…

ピックアップ記事

  1. 京のある日

    十一月十一二日〈金曜日〉 午後から三千院に行ってみる。 三千院をえらんだのは別に深い意味はない。…
  2. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  3. あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知って…
  4. うそをついた話

    坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土…
  5. たい・だい・おお

    この字はなんと読みますか、といって「大」という字を示したら、だれだって、ひとをばかにするな、というだ…
  6. 霖雨

    霖雨(りんう)という語は、日本ふうに読めば「ながあめ」と読むより仕方がない、日本の長雨は五月と十月と…
ページ上部へ戻る