旅のふしぎ

旅というものには、ふしぎな行き会いがあるものである。
鹿児島県の指宿をたって霧島温泉に行き、宮崎に出、青烏に遊び、瀬戸神宮まで行った前後四日ほどのあいだ、わたしは東京の人らしい三人づれと、あとになり先になり会っては別れ、別れては会った。
指宿に早く着いて、パスで山川港のほうを一周してきて、宿屋にはいったとき、その三人づれの男女が、いま着いたというようすで宿屋の玄関にいた。
翌日、霧島温泉に行こうと駅におり立つと、二等車からやはり降りてきた。わたしは三等だったから車中では会わなかったが、翌日、青島に行って島の裏側のほうに回って行ったら、またそこで三人に会った。同じようなスケジュールで歩いているのだな、とは思ったが、もちろん、こちらからは話しかけもせず、先方はわたしと違ってひとり旅ではなかったから、たびたび会うわたしをさして気にとめているようでもなかった。わたしは青島に泊りたくなって海岸の宿屋に荷物を置き、おそいパスで鵜戸神宮まで行った。そして、帰りのパスを待っていると、ほこりをあげて走ってきた自動車から三人が降りてきて、神宮のほうにおりて行った。
中老の男の人と、若い男と、より若い女との三人づれであったが、わたしははじめから、その三人は父と兄妹の三人だときめていた。
ところがどういう頭の回転からか、わたしはその若い女の人が、わたしにとって当時ごく親しかったSという友人の恋人ではないか、と思いはじめた。Sとは幼稚園から小学校、中学校、大学といっしょで、三日にあげず会っていたのだが、そのころSは会うたびに、ある女性の話ばかりした。数年前、千葉の海水浴場で知り合った人で、日本橋のほうの大きな間屋の娘だという。二人のあいだは相当進んでいたが、そこからいっこうに進展しない、という状態であることを、わたしはその九州旅行に立つ前の日にもSの口から聞いていた。しかし、わたしはその人に会ったこともなく、写真も見たこともなかった。ただSがあまり聞かせるので、いつの間にか、わたしの頭の中に、あるイメージができていて、それと目前に出没する女性の実像とが、ぴたりと一致した、というわけだったのだろうか。
そして、何の似拠もない、このわたしの想像が、ぴたりと当たっていた。東京に帰って、Sに言ったら、翌日Sは多少興奮して電話をかけてきて、きみの想像どおりだよ。おやじと兄貴と九州に行って、きみとは知らずに、似たようなスケジュールのKOボーイを覚えていたよ、と言った。

Sはこの女性のことを「沙代との間」という、フランスふうの小説に書いたが、小説はそれを一つだけ発表したきりで、わたしが戦争に行っているるすに、胸を病んでなくなってしまった。〈三七・一一・一五)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 2014/3/13

    ノミの歌
    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  2. 2014/3/13

    大陸の水
    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  3. 先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいた…

ピックアップ記事

  1. うそをついた話

    坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土…
  2. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
  3. なめている懸賞

    落語にでて来る間抜けな男が、人のまねをして「なぞ」を言いかける。そのなぞが間放けきわまりないもので、…
  4. 京のある日

    十一月十一二日〈金曜日〉 午後から三千院に行ってみる。 三千院をえらんだのは別に深い意味はない。…
  5. 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用…
  6. 私は東京ッ子

    わたしは江戸ッ子ではない。きっすいの江戸ッ子で、などと紹介されるとゾッとする。しかし東京人でもない。…
ページ上部へ戻る