カテゴリー:Ⅰ

  • 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用の掲示板に、新入生歓迎の「県人会」主催の会合の予告が出ているのを見て、大学生になったという実感を持ったものだったが、同時…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知っていることになる。しかし、鹿を追う猟師が山を見ないように、案外、銀座のことを、客観的には知らないようである。 昭和十年と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうである。どうもそのせいか、わたしは相手の立場に立ってものを考えすぎるので、交渉ごとには向かないようだ。しかし、たとえ川仰を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • うそをついた話

    坪内逍遙博士の児童劇の公演を見に行った。博士の『逍遙選集』の付録でみると、大正十一年十一月二十五日土眼目のことである。 その日は朝からうれしくて、わたしはうきうきしていた。そして学校に行って同級生の女の子をつかまえ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • まつたけ

    この二、三年、ついぞことしはまつたけがいいという秋を迎えたことがない。ことしもやはりまつたけはだめであった。 かおりまつたけ、味しめじ という。たしかに味そのものからいったら、まつたけよりも、しめじに軍配をあげる人が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 心ないしうち

    わたしのような、東京下町の商家の生まれの者は、しわくちゃなお札を商人からおつりとして渡されると、商人として、それは心ない仕打ちだと、まず思うのである。しかし、そういうわたしにふっとマユを曇らせるような、心ない仕打ちに残念…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 私は東京ッ子

    わたしは江戸ッ子ではない。きっすいの江戸ッ子で、などと紹介されるとゾッとする。しかし東京人でもない。東京の下町生まれの、下町育ちの東京ッ子である。東京に住んでいるというだけの’無責任な都民は、机令を払っていても、東京人で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ピックアップ記事

  1. 芸者のはおり

    九州長崎の丸山に、なかなか口の達者な女性がいた。会話の中に英語などをいれたりするので、 ――ガ…
  2. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  3. 軍隊語

    赤紙の召集令状をもらって星一つの新兵で入隊したら、馬部隊であった。古兵たちがキンポウというので考えて…
  4. クーラーとジューサー

    大阪の夏は東京より暑いと相場がきまっているのに、わたしの友人が大阪から帰って来て大阪って涼しいぜと、…

ピックアップ記事

  1. 心ないしうち

    わたしのような、東京下町の商家の生まれの者は、しわくちゃなお札を商人からおつりとして渡されると、商人…
  2. 旅のふしぎ

    旅というものには、ふしぎな行き会いがあるものである。 鹿児島県の指宿をたって霧島温泉に行き、宮崎に…
  3. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
  4. まつたけ

    この二、三年、ついぞことしはまつたけがいいという秋を迎えたことがない。ことしもやはりまつたけはだめで…
  5. ノミの歌

    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  6. 霖雨

    霖雨(りんう)という語は、日本ふうに読めば「ながあめ」と読むより仕方がない、日本の長雨は五月と十月と…
ページ上部へ戻る