カテゴリー:Ⅲ

  • ホテル・宿屋・旅館

    ホテルと言い、宿屋と言い、また旅館と言う。さすがに、はたご屋はなくなったが、この三通りの言い方は、今日通用しており、しかも、三者それぞれ違いがある。必ずしも、ホテルは旅館よりもよく、旅館は宿屋よりもよく、宿屋はホテルより…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ記事

  1. 大陸の水

    今年、関東は異常な潟水に見舞われた。 夏の前は貯水池の水が文字どおり底をついて東京は断水に苦しめら…
  2. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
  3. たい・だい・おお

    この字はなんと読みますか、といって「大」という字を示したら、だれだって、ひとをばかにするな、というだ…
  4. 見づらい

    日本陸軍の有名なリンチは海軍とも違い、また同じ陸軍のなかでも部隊によって違い、さらに中隊のなかでもま…

ピックアップ記事

  1. 霖雨

    霖雨(りんう)という語は、日本ふうに読めば「ながあめ」と読むより仕方がない、日本の長雨は五月と十月と…
  2. 見づらい

    日本陸軍の有名なリンチは海軍とも違い、また同じ陸軍のなかでも部隊によって違い、さらに中隊のなかでもま…
  3. まつたけ

    この二、三年、ついぞことしはまつたけがいいという秋を迎えたことがない。ことしもやはりまつたけはだめで…
  4. あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知って…
  5. 軍隊語

    赤紙の召集令状をもらって星一つの新兵で入隊したら、馬部隊であった。古兵たちがキンポウというので考えて…
  6. 心ないしうち

    わたしのような、東京下町の商家の生まれの者は、しわくちゃなお札を商人からおつりとして渡されると、商人…
ページ上部へ戻る