アーカイブ:2014年 3月

  • 「はっかり」不乗記

    国鉄にまつわる一つの美談である。と言っても修身の教材にはならない、わが家のほんのささいな、ないしょごとにすぎないが。 私は去年の十二月十日の「はっかり」の試乗に誘いをうけた。本来なら何はおいても出かけるところだ。しかし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホテル・宿屋・旅館

    ホテルと言い、宿屋と言い、また旅館と言う。さすがに、はたご屋はなくなったが、この三通りの言い方は、今日通用しており、しかも、三者それぞれ違いがある。必ずしも、ホテルは旅館よりもよく、旅館は宿屋よりもよく、宿屋はホテルより…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 芸者のはおり

    九州長崎の丸山に、なかなか口の達者な女性がいた。会話の中に英語などをいれたりするので、 ――ガクがあるね。 といったら、とたんに、 ――どうせモンなしょ。 といいかえした。なるほどたしかに乍としっただけで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • たい・だい・おお

    この字はなんと読みますか、といって「大」という字を示したら、だれだって、ひとをばかにするな、というだろう。しかし、ほんとうにそうだろうか。 さらに、もし外人留学生などに、どうしてそう読んで、こうは説まないのかと聞かれた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • とんぼはどこへ

    先月高知ヘ行って、竜河洞に案内された。強烈な洞内の印象にややぼう然として、旅館の二階で少し休んでいたら、てすりに、トンボが一匹やって来てとまった。クルクルとまわしている大きな目玉を見ている中に、私は、ハッとした。今年の夏…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • なめている懸賞

    落語にでて来る間抜けな男が、人のまねをして「なぞ」を言いかける。そのなぞが間放けきわまりないもので、――たとえば、足が四本ある動物で、頭に角がある。そうしてモウとなく動物はなんだ、と聞く。相手が牛だと符えると、エライなと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クーラーとジューサー

    大阪の夏は東京より暑いと相場がきまっているのに、わたしの友人が大阪から帰って来て大阪って涼しいぜと、真顔で言った。聞いてみると、この友人は、特急こだまで西下し、駅につくや、会社のカー・クーラー付きの自動車でホテルに行き、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • おとおしもの

    うなぎ屋だとか、てんぷら屋だとかは、本来いわば無愛想なもので、うなぎ屋は、まだしもきもの吸いものだとか、きも焼きだとか、うなぎにしてもしら焼きなどがあるが、てんぷら思となると、まったくてんぷらそれだけで、わたしの生家の銀…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 司会者

    結婚式の披露宴に、このごろ司会者が必ずいるようになった。そして多くの場合、その 司会れが、目ざわり、耳ざわりである。 放送がさかんになって、聴視者参加得組がふえ、必然的に司会及び司会業がクローズ・アップされて来た。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一見紳士風

    東京の千代田区、銀行や一流会社の真ン中にある、道路に面した喫茶店にはいって、人を待ちながらぼんやり通りをながめていた。そこは片側が有料の駐車場になっていて、窓ぎわにいる私の鼻っ先に、りっぱな自動車がズラリと並んでいた。私…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ピックアップ記事

  1. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  2. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
  3. たい・だい・おお

    この字はなんと読みますか、といって「大」という字を示したら、だれだって、ひとをばかにするな、というだ…
  4. 寄席衰亡

    就職試験の時期になると、珍答申朱が話題にのぼるが「真打ち」という語の意味を問うた答えに「ホームラン」…

ピックアップ記事

  1. 見づらい

    日本陸軍の有名なリンチは海軍とも違い、また同じ陸軍のなかでも部隊によって違い、さらに中隊のなかでもま…
  2. 京のある日

    十一月十一二日〈金曜日〉 午後から三千院に行ってみる。 三千院をえらんだのは別に深い意味はない。…
  3. 心ないしうち

    わたしのような、東京下町の商家の生まれの者は、しわくちゃなお札を商人からおつりとして渡されると、商人…
  4. あとがき

    文章を書けという注文で、たった三枚ですから、と一言われるのはつらいことだ。題材という点から言えば、三…
  5. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  6. 軍隊語

    赤紙の召集令状をもらって星一つの新兵で入隊したら、馬部隊であった。古兵たちがキンポウというので考えて…
ページ上部へ戻る