お買い求めはこちらから

「ふるさと・東京」は、下記の販売店で取り扱っております。

 



2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ピックアップ記事

  1. 司会者

    結婚式の披露宴に、このごろ司会者が必ずいるようになった。そして多くの場合、その 司会れが、目ざわり…
  2. 旅のふしぎ

    旅というものには、ふしぎな行き会いがあるものである。 鹿児島県の指宿をたって霧島温泉に行き、宮崎に…
  3. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  4. 一見紳士風

    東京の千代田区、銀行や一流会社の真ン中にある、道路に面した喫茶店にはいって、人を待ちながらぼんやり通…

ピックアップ記事

  1. あの頃の銀座

    私は銀座生まれの銀座育ちだから、大正中期から記憶がはじまって、昭和十六年、応召するまでの銀座を知って…
  2. ノミの歌

    満州のハエもひどかった。A型パラチフスが連隊じゅうにまんえんして、われわれは使所のガラス窓に紙をはっ…
  3. 東京の感傷

    大学生になって、初めて一二聞の慶応義熱に通うようになったころ、大学の正門をはいったところにある常生用…
  4. 軍隊語

    赤紙の召集令状をもらって星一つの新兵で入隊したら、馬部隊であった。古兵たちがキンポウというので考えて…
  5. とら歳雑感

    とら歳といっても、わたしのとらは大正一二年の五黄のとらだから、非常にじひの心に富んでいるとらだそうで…
  6. 八代湾のほとり

    天草をひき上げて、一旦熊本に行き、さらに南にくだって、今度は逆に、九州の西海岸を鹿児島県の阿久根から…
ページ上部へ戻る